前向き心のケア

当たり前は当たり前ではない

昨日、仙台では初雪が降りまして。

ここの所、ずっと寒くて天気悪くてシーツやタオルケットが洗えずにちょっと困っていたんですよね。

今朝起きてみたら、まばゆいばかいの太陽が!

晴天間違いない!

と確信して、まあ、洗ったよね。

えー。ただいまの時刻、14時30分。

みんな結構濡れてます。

そうなってくると、不安がつのります。

明日の朝、健やかに起きられるかしら、私。

このままタオルケットが乾かず、枚数が足りない布団で、ダンゴムシみたいに丸まって眠るのかと思うと・・寒っ!

暖かいって幸せー。

つい忘れがちになる「当たり前が当たり前ではない事」

この言葉を聞くと、必ず思い出す事があります。

私には妹がいてね。

釜石に住んでいるんだけど、震災で家が流されて、5日後くらいかな。

秋田から助けに行ったんだけど、

その日の夜、遠野の公民館で二人でお世話になって、あったかいお味噌汁をいただいたんだよね。

妹は、ずっと冷えたものしか食べられなかったからかもだけど、1杯のあたたかいお味噌汁を両手でかかえて、涙をこぼして「美味しいっ」って飲んでいました。

今でもあの光景を思い出すと、私が泣きそうになるけど、その姿が目に焼き付いててね。

当たり前が当たり前ではないって、その時、深く感じました。

そんな妹も、今では、「みそ汁の中に豆腐が入ってるから、いらない」とか、

「パンが食べたいからご飯はいらないから」とか、もうね、殿様ですよ。
ジャイ子だ、ジャイ子。

まあ、仕方がないですけどね。

けど、できれば。

私たちも、目の前の当たり前の事に感謝して、幸せな心持ちで、日々すごしていければな、と思うんです。

小さな事に感謝して。

今日もほがらかに過ごしましょう♪