鼻かみアパレル

若々しい人はみんな笑ってる

7月22日。暑くもなく、寒くもない、心地よい祝日に開催されたイベント「ルーモでモール」。

メディカルアロマ講師である、浅野めぐみさんと二人で企画した、自称「社会貢献イベント」です。

日本では、1年間に100万トン、ワイシャツで言えば、47億枚の新品未使用の洋服たちが捨てられているので、それらを、なんとかみんなで活用していけないかなーと思ってスタートしたのがきっかけ。

コロナ渦の中、おうちに引きこもって外に出る機会が減った。

最近、人と会ってない。
話をしていない。
笑えてない。

そんな状況を続けてたら、確実に老ける(爆)!

それはいかん!

声を出すこと、笑うこと。

自分の感情を動かして、心と体を元気にする。

人とのつながり、久しぶりの再会にみんなが笑顔になる空間。

「久しぶりー」の声があちこちで聞こえ、笑いが溢れていました。

「きたよー」なんて声をかけてくださる方、

「すごい楽しみにしてたー」と全力笑顔で話をしてくださる方、

そんな様子を目の当たりにして、
「イベントやって良かったなー」
って、心の底から思いました。

実際、イベントを企画し、開催するのはとても大変です。

SNS告知やチラシ作り、楽しんでもらえるような仕組み作り、お金もかかるし、利益も出さなければなりません。

ブースを出店してくださる方も、主催者に任せきりの方はダメ。

みんなで作り上げないと、イベント自体がつまらなくなるからです。

「また来たい」と思っていただける内容であることも大切。

そのためには、主催者側が最高に楽しむ事だと思っています。

こっちが楽しければ、参加した方はもっと楽しいから。

そんな思いが通じて、気がつけば、30名もの方が訪れてくれました。

今回、私たちの取組みに賛同してくれた、根津整骨院の根津先生、ハンドケアのまゆみさん、アクセサリー作家のミリミリさん。

会場をお借りした、スタジオルーモコレクションオーナーのようこさん。

みんなが協力して作り上げてくれたイベント。

全員が主催者となって、楽しんだ時間。

新しい出会いと会話に満ち溢れたあっという間の1日は、いつもどこかで、笑い声が聞こえていました。

気づけば、最初から最後までいた方も。

それだけ、楽しんでいただけたのかなって、勝手に思っています。

今後は、子育て支援を踏まえて、子供にもママにも優しい内容を考えています。

どんどん進化していくめぐみとジュンコの「自称社会貢献イベント」。

あなたにお会いできます日をとても楽しみにしています。